子宮摘出手術

入院する時にあったら便利なもの7選

入院することがきまった時、心配や不安ですよね。
病気や手術のことはもちろん、家族のこと仕事のこと不安はつきません。
しっかり治して元気になるための入院だから!と準備しますが
バッグに病院から指定された前開きのパジャマや真新しい下着をつめこんでも旅行のようにはウキウキしません。

そんな憂鬱な入院生活を少しでも明るく!
持っていくと少し気分が上を向く

私が手術入院の時に持っていってよかったものをご紹介します。

【入院】汗拭きシート水なしシャンプー【あったら便利】

手術後数日はシャワーもガマン!

シャワー解禁までの間は蒸しタオルを使わせてもらいますがちょっと汗ばんだ時にサッと拭ける
汗拭きシートと水なしシャンプー
があると便利。

術後すぐで動けない時は看護師さんがふいてくれて着替えもさせてくれるのでご安心を。

【入院】S字フック【あったら便利】

術後は痛みや点滴で動けない!

上のイラストはよくある病院のベッドです。
私もこういうのを想定しました。
この柵ありますよね!
そこにS字フックをかけることで痛くて動けない時にS字フックに袋をぶら下げ携帯やティッシュ、充電器、汗拭きシートなどちょっとしたものを入れておくと楽だよというものです。

【入院】マグボトル【あったら便利】

フタがあるから倒しても安心

ここからはネットの体験談でオススメされてなかったけど個人的に持っていってよかったもの
個室だったのでポットが自室にあるもののウォーターサーバーはフロアに1箇所。
そこにコップを持って汲みにいってくださいと案内がありました。
そんな時マグがあれば長時間つめたいままですし
温かい飲み物をポットで作りベッドサイドに持っておいておくと快適でした。

洗うのが楽なマグならもっと快適!

象印から、洗うとき面倒臭いあのパッキンが無いマグボトルが出ました!

フタとパッキンが一体型なんです。とても洗いやすいしパーツをなくしません!

【入院】華やかなマグカップ【あったら便利】

殺風景な病室に彩りを

完全に趣味ですが、お気に入りのものを持ち込んでいると安心できると思ったんです。

病院に備え付けのマグカップはあると書いてありましたがきっとプラスチックの味気ないものだろうと

明るい色のマグカップ

タオルに包んで持ち込みました。



強い明るい色が少ない病院ですから鮮やかな色のものって癒されました。
入院した病院は備え付けマグカップも味気ないプラ製ではなく上品で素敵なデザインのカップでしたけどね!

【入院】ドリップコーヒー【あったら便利】

味わいと香りで2度美味しい

マグカップがあって部屋にポットがあるなら

コーヒーいれられる!

と思い挽いた豆とドリップペーパーを持っていきました。
カリタの簡単ドリップが荷物にならずとっても便利!


これは飲むためだけでなく

コーヒーをいれる時のあの香りが病室に広がって

本当に持っていってよかった!

【入院】少しでいいので美味しいお菓子【あったら便利】

300円まで?いえいえ好きなだけ!

あまり動かないのでお腹もすかずほとんどそのまま持って帰ったおやつ。

だけど、カバンにチョコレートが入ってるという安心感
おやつが好きな方なら同意してもらえるのではないでしょうか。

【入院】ぬいぐるみ【あったら便利】

やっぱり可愛いものは必要!

嘘みたいですが小さなぬいぐるみを持ち込みました。

看護師さんがすごく驚いてました!

息子に「ぬいぐるみを持っていきなよ」

と勧められぬいぐるみをカバンに入れました。
ぺっしゃんこにつぶれるのでパンパンの荷物の上にでもキャリーケースの蓋をしめるとはいっちゃうもんです。

人間、たとえ生き物でなくても抱きつくという行為は

ストレス緩和

なるんだそうです。
ぬいぐるみ、見た目も可愛いし抱いてよし飾ってよし

1つ連れていってはいかがでしょう。

入院する時あったら便利なものをご紹介してみました。
個人的に一番あってよかったのはドリップコーヒーです。
もちろんコーヒーでなくても香りの良いハーブティや茶葉でも楽しそうですよね!

あなたの憂鬱な入院生活が少しでも楽しいものになりますように!

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

-子宮摘出手術