お金の話 健康保険のしくみ

生命保険の入院補償って必要??

医療費が高くなったら困りますよね!
先が見えない不安、それに備えるものが生命保険です。
CMで流れる入院日額1万円!
たとえば14日入院したら14万かあ。
困った時に助かりそう!よし!加入!

いやいや、そもそも高額療養費制度があればいらなくない??

高額療養費制度は神制度

前の記事にもしていますが、

日本は全ての人が保険に入っていて(皆保険制度といいます)
全ての保険組合には高額療養費制度があります。

ですから、例えばエの区分の人なら
1ヶ月まるまる入院してたとしても
ひと月に払う入院費は57600円と食事代。
出費を抑えたいなら絶対大部屋を希望するでしょうし。

もしもの入院の時に限度額までしか
支払いがないのなら

毎月払う生命保険料、いらなくないですか?

先進医療特約

自分はガン家系なので一応安い医療保険に
入っています。そこに先進医療特約を
つけて万が一、ガンになったら

重粒子線治療を受けたい(自費)

思っています。保険ってそういうものですからね。

こういうケースでなければ
前回の自分の入院の時のような

普通の入院であれば高額療養費制度で
難なく払えちゃうわけです。

付加給付金が大きい!

なにより旦那の保険組合には
付加給付がありますから、限度額以下で
入院手術、デュピクセントまで受けられちゃう。

本当にありがたいことです。

生命保険に入るタイミング

新入社員が入ると保険の外交員さんが
虎視眈々と狙ってパンフレットおきにきます。

訳もわからず入ってしまう若い方が
多いと思うですが何十年と払う大きな買い物だと
いう自覚もないまま加入していませんか?

本当に必要かどうかよく検討しましょう。

これから就職、転職する人は
自分が入る会社の保険組合に付加給付があるかどうかを面接でたずねるべきだと思う!

聞かれたら面接官も答えられないかもしれないけど
それくらい大きな補償です。
生命保険はその会社を辞める時に入ればいいんじゃ
ないかと思うくらい。
自分の人生設計のリスクをどの程度と
考えるか、その備えはあるのか、

なによりいくら備えておけばいいのか

これは保険組合によって大きく大きく違います。

ご自身の人生のプランを見直してみませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-お金の話, 健康保険のしくみ